シミ取り錠 そばかす 効果

シミ取り錠はそばかすにも効果があるの?

 

シミ取り錠,そばかす,効果

 

シミ取り錠を服用し、体の内側からシミを消してくれる医薬品です。

 

そんなシミ取り錠は、顔などに出来るそばかすにも効果があるのでしょうか?

 

しみやそばかすができてしまう原因は、肌を守るための防衛反応で発生するメラニン色素が沈着してしまうからです。

 

メラニン色素は太陽光の紫外線から守るために作られる色素で、髪の毛や肌の色などにも関係している色素です。

 

紫外線によって増えすぎた活性酸素からのダメージを防ぎ、細胞を守る役割を持つメラニン色素ですが、増えすぎると逆に肌に悪影響を与えるだけでなく、その色素が肌の老化にも繋がったり色素が沈着してしまいシミやそばかすの原因にもなってしまうのです。

 

ではシミ取り錠はどのような効果を発揮してくれるのかというと、ビタミンCやビタミンEなどの成分のほかコラーゲンなどを配合することで、肌のターンオーバーを促してくれます。

 

ターンオーバーが乱れて色素が沈着してしまった肌の細胞が新しいものに変わることで、自然とシミやそばかすが消えてくれるのです。

 

つまりシミ同様、シミ取り錠はそばかすにも効果があるということですね。

 

もちろんより効果を発揮するためには、シミ取り錠以外でも日常生活でのケアや食生活に気をつける必要があります。

 

ですが、そばかすを改善するために適切な成分を摂取できるなど、大きな力になってくれることは間違いないでしょう。

シミ取り錠の持続期間とは?

 

シミ取り錠,そばかす,効果

 

市販のシミ取り錠は、開封後1か月以内に使い切ります。

 

未開封の場合は、6か月以内に使い切ります。

 

シミ取り錠に含まれているハイドロキノンは、美白効果が強いが肌のへの刺激も強いです。

 

適切なスキンケアを行って肌の状態を良好に保てれば、効果を長く持続する事が出来ます。

 

1から2か月で効果がなくなってしまう事はなく、シミ取り錠を使用する時には毎日のスキンケアを徹底して皮膚科で処方されるビタミン剤等も服用して肌の回復を促していく必要があります。

 

処方箋がないと使用が出来ないハイドロキノンの濃度が3%以上のものは、肌へのダメージが大きいです。

 

3か月以上の使用は辞めて、その後2か月間の肌の休息期間を設けます。

 

こうすると、肌に負担をかけ過ぎないで効果が現れやすくなります。

 

加齢が原因で出来てしまったシミも、このサイクルを正しく守って治療を行うと徐々に薄くなっていきます。

 

ハイドロキノは紫外線に気を付けないといけなく、それはハイドロキノを塗っている間はメラニンが生成される働きが弱まるためです。

 

紫外線からの防御が弱まり、皮膚が野ざらし状態になるため新たなシミや皮膚がんへの危険性を高めてしまいます。

 

このためシミ取り錠を塗るのは夜だけにして、昼間は塗らないようにするとシミが消えるのも早くなります。

シミ取り錠にはどんな副作用があるのか?

 

シミ取り錠,そばかす,効果

 

シミ取り錠にはどんな副作用があるのかは、シミ取り錠に含まれている事が多いハイドロキノンには様々な副作用があります。

 

副作用には、安定性が悪く酸化した時に生成されるベンゾキノンが肌に刺激を与えて赤みや痒みを引き起こします。

 

ハイドロキノンを塗った後に紫外線を浴びると、色素沈着が酷くなります。

 

ハイドロキノンの濃度が高いシミ取り錠を塗り続けていると、必要以上に肌が白くなる白斑が出来てしまいます。

 

肌の深い部分まで入り込んで、メラニン色素を作るメラノサイトを反対に破壊してしまいます。

 

次に良く配合されているトラネキサム酸の副作用は、血液が固まりやすくなり血栓が生じやすいです。

 

腎不全の人は脳梗塞や心筋梗塞血栓性静脈のリスクがあり、食欲不振や吐き気等の消化器系の症状が出る事もあります。

 

胸やけや嘔吐が引き起こされる事もあり、トラネキサム酸で不快な症状が起きたら直ぐに使用を中止します。

 

授乳中や妊娠中の女性の場合は、ホルモンバランスの乱れからシミ等の肌トラブルで悩まされてしまいます。

 

自分勝手に使用をするのは危険であるため、妊娠中や授乳中は事前に医師に相談をしてから使用する事です。

 

またシミ取り錠の使用期限を守っていなかったりすると、副作用が出やすいです。

ホワイトールの実際の効果は?【口コミ調査結果】トップページへ顔のシミがコンプレックスの方、シミ・そばかす対策がしたい方は、トップページでホワイトールの詳細をチェックしてみてください。