シミ取り錠 妊娠中 影響

シミ取り錠を妊娠中に飲むと影響ある?

 

シミ取り錠,妊娠中,影響

 

妊娠中はホルモンバランスの影響で、シミが増えてしまったり、濃くなってしまうことも多いです。

 

目立つところにシミができてしまうと、やはり気になってしまいますよね。

 

しかし妊娠中は、胎児への影響を考えてシミ取りレーザーの施術は断られてしまう場合が多いです。

 

では、手軽に摂取できるシミ取りの錠剤は、胎児への影響はどうなのでしょうか。

 

特に妊娠初期は体調が安定しないうえに、流産などの危険も頭によぎってしまう方が多いのではないでしょうか。

 

妊娠中は、母体が摂取したものがそのまま胎児に伝わります。

 

そのため、いつも以上に口にするものも気を遣わなければいけない場面もあります。

 

もちろん栄養剤や薬、サプリメントなども妊娠中に使用できるものから、妊娠中は避けた方が無難なものまでかなり多岐にわたります。

 

妊娠中にできてしまったシミは、ホルモンバランスによって出産後は薄くなったり消えてしまう場合も多いです。

 

そのため、できるならシミ取り錠も出産後、授乳期を過ぎてから服用することが安心です。

 

どうしても妊娠中にシミ取り錠を服用したい場合は、勝手な判断はせずに必ず産科の医師に確認しましょう。

 

シミ取り錠によっても配合されている原材料が異なるため、医師の判断を仰ぐと安心ですね。

シミ取り錠の母乳への影響は?

 

シミ取り錠,妊娠中,影響

 

シミ取り錠を母乳を赤ちゃんに与えている時に使用するのは駄目です。

 

シミ取り錠には様々な成分が含まれていて、化学物質を肌に取り込むのは口から取り込む以上に危険です。

 

口から入ったものは、胃腸で消化されて直接肝臓で代謝されます。

 

有害物質のほとんどは、肝臓で解毒されて全身に移行する事はないです。

 

皮膚の毛穴や汗孔から化学物質が吸収されると、そのまま体内を巡っていきます。

 

シミ取り錠をバストに塗ってしまうと、母乳を飲む時に赤ちゃんはシミ取り錠を一緒に飲んでいる事になります。

 

赤ちゃんが食物アレルギーを持っている場合、シミ取り錠の中にその成分が使われていたら大変な事になります。

 

このため、授乳中の時期にはシミ取り錠や美白化粧品等は使用しない事が大事です。

 

神経質であったり心配のし過ぎであると思われるが、赤ちゃんの事を考えるとこのくらいは気を使う必要があります。

 

どうしても使用したい場合は、完全に粉ミルクに切り替えるか卒乳をしてから使用をします。

 

授乳中は赤ちゃんが食べても問題がないと思える成分が使われているシミ取り錠を使用すると、安心出来ます。

 

そのためには、天然100%のオーガニックのシミ取り錠であれば赤ちゃんが口にしても安全です。

シミ取り錠とピルの飲み合わせ

 

シミ取り錠,妊娠中,影響

 

シミ取り錠とピルの飲み合わせは、シミ取り錠にトラネキサム酸が含まれている場合は飲んではいけないです。

 

それは飲み合わせによって、血栓症のリスクが高くなる恐れがあります。

 

トラネキサム酸には止血作用があり、血を凝固させて血栓が出来やすくなります。

 

併用して服用する場合は、血液検査を定期的に行う必要があります。

 

ビタミンCが配合されていると、ピルの作用を高める可能性があります。

 

この事から、ピルを服用する前にはビタミンCを多く含んでいるグレープフルーツ等を摂取するのも控えます。

 

ただし意識をして多く摂取をしない限り、ピルの作用に影響を及ぼす程の量の摂取は難しいため普段から特に意識をしていない人は今まで通りで問題はないです。

 

シミ取り錠の中には葉酸を含んでいるものもあるが、ピルと併用しても問題はないです。

 

だが使用する場合は、摂取量を守ります。

 

マカも葉酸と同じように、ピルと併用が可能です。

 

この他にピルと併用しても問題がない成分は、プラセンタやチェストベリー等です。

 

このように、シミ取り錠の成分によりピルと飲み合わせが悪いものと問題がないものがあります。

 

ピルを服用している人がシミ取り錠を使用する時には、成分を必ず確認します。

ホワイトールの実際の効果は?【口コミ調査結果】トップページへ顔のシミがコンプレックスの方、シミ・そばかす対策がしたい方は、トップページでホワイトールの詳細をチェックしてみてください。